結婚指輪!どのタイミングでつけはじめる?

やっぱり式までのお楽しみに!

結婚式の後に入籍をしたり、入籍をして結婚式までそこまで日にちが開かないというカップルは、やっぱり結婚式当日の指輪交換セレモニーで初めて指輪を付けたいというカップルが多いです。特にダイヤモンドがたくさん入った女性の結婚指輪は、加工がしやすいため傷もつきやすいもの。結婚式では、意外とたくさんカメラマンから結婚指輪のアップの写真や映像を撮影してもらえます。その時に、キラキラ新品の指輪だととても綺麗ですよね。記念になる結婚式で、大切なゲストに見守られながら指輪を交換して初めて付けることで、結婚の実感が沸く方も多いのではないでしょうか。先に入籍を済ませたカップルは、結婚式まで新婦は婚約指輪を付けて過ごす方も多いです。

先に入籍を済ませたカップルは…

入籍をしてから一年近く、またはそれ以上結婚式まで期間が開いてしまうというカップルも多いです。そんなカップルは、新婚の永い時間を指輪なしで過ごすことはちょっと寂しいですよね。もちろん、結婚式前に先に結婚指輪を付けていてもいいのです。日常生活や家事をするなかで、指輪にはどうしても細かい傷が付いてしまいます。今では無料で指輪のクリーニングをしてくれるアクセサリーショップも増えてきているので、指輪を購入した店舗に問い合わせがおすすめ。傷が気になるようなら、結婚式前にショップで綺麗にしてもらうと安心ですね。もちろん、指輪の傷の数こそ結婚生活の思い出の証。あえてクリーニングはせずに、そのまま結婚式で指輪交換をするカップルも多いですよ。